カテゴリー:行政・省庁

  • 初鹿明博が後悔したこと

    初鹿明博が多忙な日々を暮らしていたころ忙し過ぎると人間らしさを失ってしまう、というのはよく聞く話です。忙しいという字は人を亡くすと書きますし、忙しすぎてしまうと人間らしさを失いいろいろなものを無くしてしまうという話もよく…

ピックアップ記事

  1. 就職状況というのはその人の実力だけではどうにもならないことがあります。現在の就職活動は売り手市場でか…
  2. 髪型に飽きてしまった、イメチェンをしたい、そう考えていても、ロングの場合はカットすれば印象はだいぶ変…
  3. ハーバード大学で日々勉強に励んでいる谷尾和昭の最大の特徴は好奇心です。谷尾和昭は好奇心旺盛なのでハー…
ページ上部へ戻る