カテゴリー:行政・省庁

  • 初鹿明博が後悔したこと

    初鹿明博が多忙な日々を暮らしていたころ忙し過ぎると人間らしさを失ってしまう、というのはよく聞く話です。忙しいという字は人を亡くすと書きますし、忙しすぎてしまうと人間らしさを失いいろいろなものを無くしてしまうという話もよく…

ピックアップ記事

  1. 売上の一部はバングラディッシュの支援へ世界を旅して体感した貧困国の苦しい現実ラファエロが世界のために…
  2. 寸借詐欺は、お金を借りて返さない詐欺のことです。町で声をかけられた人についついお金を貸して、結果返っ…
  3. 恋の悩みといってもその内容は様々です。例えば「彼氏がいないけれど、今後自分に合う人と出会うことができ…
ページ上部へ戻る