カテゴリー:行政・省庁

  • 初鹿明博が後悔したこと

    初鹿明博が多忙な日々を暮らしていたころ忙し過ぎると人間らしさを失ってしまう、というのはよく聞く話です。忙しいという字は人を亡くすと書きますし、忙しすぎてしまうと人間らしさを失いいろいろなものを無くしてしまうという話もよく…

ピックアップ記事

  1. 数々の旅館やホテルを復活させてきたことで、業界では知らない者はいないとされている中山永次郎氏。日本国…
  2. あらゆる投資の中でも、株投資はもっとも手を出しやすい投資の一つと言われています。そんな株投資をギャン…
  3. 髪型に飽きてしまった、イメチェンをしたい、そう考えていても、ロングの場合はカットすれば印象はだいぶ変…
ページ上部へ戻る