カテゴリー:行政・省庁

  • 初鹿明博が後悔したこと

    初鹿明博が多忙な日々を暮らしていたころ忙し過ぎると人間らしさを失ってしまう、というのはよく聞く話です。忙しいという字は人を亡くすと書きますし、忙しすぎてしまうと人間らしさを失いいろいろなものを無くしてしまうという話もよく…

ピックアップ記事

  1. 池田富一です。彼女と念願だった同棲がスタートしてからしばらく経ちましたが、周りのカップルが「同棲だけ…
  2. 農業男子、吉田泰昌です!!古い友人と、同窓会や飲み会などで会うと【お前いま仕事何やってんのー】という…
  3. 28歳の浦壁伸周は、フリーターとして運送業の仕事をしています。毎日色々な仕事をしているのですが、その…
ページ上部へ戻る