カテゴリー:行政・省庁

  • 初鹿明博が後悔したこと

    初鹿明博が多忙な日々を暮らしていたころ忙し過ぎると人間らしさを失ってしまう、というのはよく聞く話です。忙しいという字は人を亡くすと書きますし、忙しすぎてしまうと人間らしさを失いいろいろなものを無くしてしまうという話もよく…

ピックアップ記事

  1. 寸借詐欺は、お金を借りて返さない詐欺のことです。町で声をかけられた人についついお金を貸して、結果返っ…
  2. 高谷知佐子の弁護士としての業務は当初、個人から企業まで、ジャンルも幅広いものでしたが、アメリカ留学と…
  3. マネカツとは?自分の資金計画は果たして正しいのだろうか?誰でも将来のお金のことに対して、漠然とした不…
ページ上部へ戻る