小柳直人「高校時代」

こんにちは。小柳直人です。

来年の4月をもって天皇皇后両陛下が退任されるということで、平成を懐かしみながらこの文章を書いています。

ぼくは今のおじさんおばさんのように「昔は良かった・・・」と言うような中年にはなりたくないと思っています。平成を“悲しんでさよなら”するのではなく、感謝の気持ちを持ってさよならしたいと考えています。新年号が楽しみですね、どんな名前になるのでしょうか?

さて、今回は高校入学辺りということで2006年(平成18年)〜振り返ってみようと思います。

【小柳直人の高校生時代】2007年(平成19年)〜2010年(平成22年)

ぼくの高校時代はほとんどの男子生徒は腰パンをしていて、腰パンをしていない男子は陰キャラと言われるような時代でした。駅や町中で見かける最近のイケてる男子高校生はきちんとした着こなしの人が多いので時代も変わったのでしょうね・・・。

世間の出来事としては、第一次安倍内閣が誕生したり、プレステ3・Wiiの発売だったり、第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開幕したり。ライブドアのホリエモンが逮捕されたのも確かこの年だったと思います。

様々なことがありましたが、小柳家はご飯は家族全員揃って食べるという決まりがあったので、これらのニュースを皆で食べながら見ていたのを思い出すととても感慨深いものがあります。

高校時代は中学時代とは違い、購買も更に大きなものになりました。パンだけしか売っていなかったのが、唐揚げが売っていたり、おばちゃんの手作りお弁当、バクダンのようにデカイおにぎり、チキンカツ、サンドウィッチなど・・・。

中学の頃と同じようにサッカー部だったので、相変わらず授業の合間にジュースや間食用のおにぎりを買ったりとにかく食べていましたね。今では考えられないほどに。一日4000カロリーくらい摂取していたんじゃないですかね?(笑)

うちのサッカー部は弱小だったので、皆やる気もなくただただ好きにサッカーを楽しんでいました。顧問も厳しくなかったので朝練もなく、毎日放課後が楽しかったですね。雨の日には、他の部活が体育館や室内で筋トレなど行う中、ぼくたちは校内で鬼ごっこしたり。

高校生の時って「俺たちはもう大人だー(笑)」と思っていますが、今思い返してみると、ちゃんと紛れもなく子どもなんですよね。そろそろ18歳が成人になるようですが、個人的には絶対反対ですね。だって、高校生で大人の感覚持っている人って本当にいないんです。18歳を成人にして責任感を持たせるという意図もあるのかもしれませんが。

それでは、また。小柳直人でした。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 知られざる北陸のハワイこんにちは。岡田正純です。みなさんは北陸にあるハワイをご存知でしょうか?そう、…
  2. バザーなどで販売される食品、仕分けされたビーズなどの小物、試食品や試料、こうしたものに目が行く時、中…
  3. 日本ペットシッターサービス吉祥寺本部は、武蔵野市や三鷹市、調布市などを中心にペットシッターサービスを…
ページ上部へ戻る